「ハンドクリーム(ロイヤルミルクティの香り)」を軽井沢の万平ホテル限定で販売中です

2016.05.31

LINEで送る

軽井沢の老舗・万平ホテルと共同開発
「オリジナルハンドクリーム〜ロイヤルミルクティの香り」 誕生秘話

   120年以上の歴史を紡いできた軽井沢・万平ホテル。
その本物のホスピタリティを詰め込んだ

日本初・ロイヤルミルクティの香りのハンドクリーム

DSC_1185

 「国内はもとより、世界有数の避暑地・軽井沢の魅力をもっと伝えたい」
全国から人々が癒しを求めて集う場所・軽井沢。この場所で120年以上、伝統とおもてなしの心を紡いできた歴史的空間が万平ホテルです。その館内にあるカフェテラスは歴史も格式もあるのに、誰しもがくつろげる癒しの空間。あまりの歴史に「一般の人は入りにくいのでは?」と思いきや、どんな人も気さくに優しく迎え入れてくれるあたたかな雰囲気が特徴です。
さらにテラスは思ったよりもラフに利用出来るので、軽井沢の中でもオススメの寛ぎスポット。「この心地よさを、軽井沢の魅力を、もっと知ってもらえるキッカケを作りたい」。

これが万平ホテルと弊社との共同開発のはじまりでした。

img_02

 「日本初・ロイヤルミルクティをモチーフにした
オリジナルハンドクリームを開発」

夏でも涼しい軽井沢では、素肌の保湿ケアが大切。そこで開発するアイテムは、ハンドクリームに決定しました。さらに「このクリームを手に塗るごとに、万平ホテルでの思い出や風景を思い浮かべて欲しい」との思いを込めて、香りはロイヤルミルクティのフレーバーをチョイス。万平ホテルのカフェテラスで語り継がれるあの「ロイヤルミルクティ」をモチーフにしたのです。

 「英国の世界的ミュージシャンが日本に残した、ロイヤルミルクティの逸話」

今ではメジャーな飲み物となったロイヤルミルクティ。いまから約40年前、万平ホテルのカフェテラスで提供されたのが日本で最初と言われています。実はそのレシピ、ひとりの世界的なイギリス人ミュージシャンから提供されたものだったのです。

img_03

 その著名なミュージシャンも軽井沢に魅せられた一人でした。特に万平ホテルのホスタビリティを彼はとても気に入り、夏になると長い期間滞在していたのはとても有名なお話です。

ある日、ロイヤルミルクティが飲みたくなった彼は、テラスで注文できないかスタッフに尋ねてみました。しかし当時のホテルには、まだそのレシピを知る者がいなかったのです。

「作って差し上げたいのですが、作り方を知らないのです」テラスのスタッフが申し訳無さげに説明したところ、彼はロイヤルミルクティの作り方を丁寧にレクチャー。スタッフは教えられたレシピに沿って、日本初のロイヤルミルクティを彼に提供することが出来たのです。

 昭和の時代を終え平成となった今でも、イギリス文化が色濃く残る軽井沢には、数多くの外国人観光客が訪れます。中でもイギリス人観光客の間で、この万平ホテルのロイヤルミルクティはとても高く支持されているのだとか。来日の度に訪れる根強いファンも数多く抱えるこのロイヤルミルクティ。万平ホテルのホスピタリティが生んだ、数多くある逸話の一つです。

<軽井沢の歴史>

img_04

● あるイギリス人宣教師の別荘建設が、歴史のはじまり

江戸時代までは中山道の宿場町だった軽井沢。明治19年にイギリス人宣教師ショーによる別荘建設から避暑地としての歴史が始まりました。

その後もたくさんの外国人先駆者たちが質素で高潔な避暑地として、作り上げてきた軽井沢の街並。避暑地・別荘地として発展してきた軽井沢は、外国人や財界有名人たちの別荘地としても数多く愛されてきた街なのです。

● 諸外国との交流の場、日本文化発信の地として注目された街

宣教師ショーの別荘建設以来、順調な発展を遂げた軽井沢。まだ外国人が少なかった日本国内において、諸外国との交流の場として大きな役割を果たして来ました。特に万平ホテルは軽井沢の創世記、軽井沢が避暑地として注目され始めた明治27年に創業したことや、地理的な条件もあり、創業以来ずっと人々の交流の場として、中心的存在であり続けてきました。

さらに軽井沢は皇室とのゆかりも深く、明治25年ごろに作られた「軽井沢会テニスコート」とともに、万平ホテルはのちに天皇陛下のラブロマンスの舞台ともなっています。

● 語り継がれてきた逸話の数々

明治時代の初頭から日本の皇室とイギリス王室は、お互いに尊重し合いながら良好な関係を築き上げてきました。軽井沢にはそんな両国の深い絆や関係性を象徴する逸話が、多数語り継がれています。

この街を作り始めたイギリス人宣教師・ショーの存在(※1)、日本で最初に軽井沢で提供されたイギリス生まれの飲み物「ロイヤルミルクティ」、そのレシピを伝えた世界的イギリス人ミュージシャン。そんな逸話が数多く残る軽井沢は、街並そのものからイギリスと日本が重ねた歴史を感じ取ることが出来る貴重な街なのです。

 <開発秘話>

まず、かのロイヤルミルクティの香りを再現するため、開発には半年以上を費やしました。同時にパッケージデザインは一年近く試行錯誤の繰返し。約1年後ようやく完成したのがこのオリジナルハンドクリームです。

 品質にもこだわった結果、成分にはシルクエキス(うるおい成分and美肌成分)、チャ葉エキス(うるおい成分と美肌成分)を配合。高品質を追求し、しっとりサラサラの使用感を実現しています。

 

● 皆さまへのメッセージ

伝統と歴史、そして心地よいホスピタリティが広がる街・軽井沢。私たちが精魂込めて開発した万平ホテルオリジナル商品「ハンドクリーム ロイヤルミルクティの香り」には、この街の魅力をたっぷり、ぎゅっと詰め込みました。軽井沢ならではの心地よさを、優しいミルクティーの香りに添えて、皆さまにお届け出来たなら本当に嬉しく思います。

ハンドクリームの特徴

・商品名:万平ホテル ハンドクリーム(ロイヤルミルクティの香り)

・日本初の「ロイヤルミルクティ」の香り

・しっかり保湿タイプ

・ベトつかない

・シルクエキス 表示名称:カイコまゆエキス (うるおい成分and美肌成分)使用
・チャ葉エキス 表示名称:チャ葉エキス (うるおい成分and美肌成分)使用

・高級感あふれる使用感

 

購入方法

当ハンドクリームは万平ホテルでの限定発売です。

軽井沢万平ホテル売店
〒389-0102長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925 売店フリーダイヤル0120-486-057